俺夏☆俺サマーなブログっす

マリンジェット、ジェットスキー水上バイク、WAVERUNNER、船、BOAT、バイク、車など乗ったり、いじったり壊したりしてます。。。

俺夏流でいじってますので真似されても自己責任でお願いいたしますm(__)m

ジェットスキーの水漏れ修理 Kawasaki JET SKI STX-15F 後半戦

前回、物は取れたんですが、パーツの一部が残ってしまいました…


その後、1氏がヒートガンなど使っていろいろ頑張ってやってみたそうですが、
やはりダメと連絡が…


仕事中もいろいろ外し方を考えてました…
アンカーボルトを突っ込んでひっかけて…
何とかタップでネジ山作って8mmの長いボルトを入れて引っ張るか…
穴に逆タップかまして引っ張るか…


など…


そーいえば
ベアリングプーラーって最小穴いくつだっけ?
っと思い出し倉庫から引っ張り出したらなんと 最低8mmから


これは行けるっしょ!!って事で
後半戦頑張ってきました…


確かにベアリングプーラーが残った部品の穴にぴったりハマり
力がかかっていい感じです



が…


プーラーがかからない
穴の回りが平じゃないから斜めってしまい、うまく引っ張れない


当てものしてもダメ


ならと、ベアリングプーラーをスライディングハンマー代わりにして
叩いてみたら、何とか外れました!!


1氏がヒートガンなどつかっていろいろやっていたお陰でOリングが痩せてきたんですね


超~ よかったぁ~




上が外した部品


下が新しい対策済の部品



この穴にハマっているだけなんですが
Oリングとカスが詰まって固まってたんですね


この穴、きれいにしたからこんな感じですが
外した時は、塩や水垢などですごかったです
乗った後は時間かけてエンジン内部を洗っていたのに
「こんなに?」
ってちょっと驚きましたね



穴をきれいにしたんですが、1氏が塩を溶かす溶剤みたいなのを持っていて
すごいニオイがしたんですが塩の塊などがきれいに取れますね



新品の部品を取り付けます
Oリングにグリスを付けて差し込みます


セルモーターのボルトやオイルプレッシャースイッチを錆止めしてあります
さすが!!

オイルプレッシャースイッチは一度外して
シールテープ巻いて取りつけてます


ホースを取り付けます
ホースバンドは新品にしてあります




あとは外した部品を取り付けしていきます


インマニの残ってるガスケットをきれいに剥がします


面をかるくオイルストーンかけておきました


新しいガスケットをセットして
インマニをリヤシート側から入れセットします
ガスケットやインマニ面が当たらないように注意です
(結構、気を使います…)



セットできたらボルト&ナットを締め付けしていきます
ボルトにねじロックを塗ってます


トルクレンチで締めていきます
規定トルクを3回にわけて締め付けていきます
締め付けは内側から
外す時は外側から


15-20-25-25Nm と分けて締め付け


インジェクター取り付けます


インジェクターの先を目視でサビ等確認しておきます



あとはアクセルワイヤーをセットし配線をセットしてOKです


さすがですね
配線などテキパキと取付してます


俺夏だったら
配線のカプラーがどこにあるか?
マーキングしてあっても迷いますからね




完了したら エンジンかけて水漏れ確認


エンジンかけたら ピーピー 鳴ったんで
すごく焦りましたよ…


燃料の残量警告音でしたぁ


よかったぁ



交換した部分からの水漏れはOKでした!!





残念だったのが
ほかの部分がちょっとダメなのを発見しちゃいました


発見できた方が良かったんですけどね


幸い簡単に交換できる部分だから
部品買って取り付けしたら水上で試運転ですね



牽引ロープ持ってお付き合いしますよ~(笑)




しかし1氏の工具がすごい!!


静音大型コンプレッサーにエアーツール


電動ツール、デジタルトルクレンチ


ケミカル商品も棚にずらっと並んでます


プロ並みです



さすが、貴重なバイクや車を複数台所有しているだけありますね




屋根付きガレージ 良いですね


屋根に鉄鋼が通っていてチェーンブロックかけられますねぇ~


エンジン降ろしてOHできますよ



裏山鹿 (貧ぼっちゃま風)